January 13, 2013

愛のムチとは?

52ec443d.jpg

これは3年B組金八先生、第二シーズンの有名なワンシーン。
学校の体制改善を求めて、荒谷二中の放送室に立てこもり、公開討論をし、警察沙汰になり迎えに行った金八が2人に手加減無しのビンタをした後に抱きしめて「貴様らは俺の生徒だ!」っていうシーンの写真です。


さて今回は真面目に。

バスケ部アンケート「部活を早くしたい」「顧問の指導を受けたい」→橋下市長「ちょっと異常。冷静になって」
【ニュース30over】
#2ch

ツイッター@tarikin さん
から


これ見て、凄く考えました。


私は中学時代の3年間バスケ部で、よくシバくと有名な先生が顧問でした。
中学に入学してすぐに、身長がすでに160あった私はその先生に笑顔で手招きされ、バスケ部に入部。気付いた頃には誰よりも早くレギュラーをもらいました。

しかし私は小学卒業時で66キロのデブで、バスケ部に入部してから練習前のランニングでさえまともにできず、校庭1周でヘトヘト…
みんなと同じ5周をまともについていくまでかなり苦労しました。

そんな私はさらに鈍臭い…
走る♪すべる♪見事に♪転ぶ♪キン肉マンの唄のような感じで、ボールを顔面で受けて鼻血ダラダラ、たまに数分試合に出ても、もちろん結果など出せない有様…

もちろん、顧問にはよくシバかれました。先輩達と同様、基本はビンタ。練習や試合の反省、説教の合間に、荒れると連続ビンタだったり、パイプ椅子が飛んできたりがちょくちょく。
けど、顔が腫れたり翌日に支障を来すほどではないし、何よりその先生の指導で先輩の学年を全国大会にも導き、カリスマ性に溢れていたから、熱血指導って認識でした。

2年でそのカリスマ先生は転勤になり、3年で他校から来た新しい顧問もまた同じタイプ。
まあそんなもんだと思いながら、あんなに苦手だったランニングも快感になって、冬のマラソン大会でも2位の成績。デブだったのが体重も15キロ程減ってスッキリスマート。試合の成績はパッとはしなかったけど、それだけで満足感はありました。

そしてクラブも引退間近の時、
3年間真面目に頑張りながら、一度もレギュラーになれなかったコ達を試合に出し、些細な理由でビンタ。けどみんな、泣きながら喜んでて、それを妙に納得しました。

はい、長い前置きはここまで。

結局は、愛のムチを美化しているんですね。
部活っていう小さなコミュニティの中のルールは大切で、時々大人がビンタで喝を入れるということが容認されて成り立っていたから、殴られる理由もないコ達までが殴られることで存在価値を感じたかったのでしょう。

今話題の桜ノ宮高校のバスケ部もそうだったから、練習の再開を求める声もあるのかな…って。

けど、自殺してしまった彼は?

先生が愛のムチではなく、ある線を超えているって事に気づいてしまったんだと思います。

容認された中での愛のムチには、殴られた本人にしか分からないものがあり、殴られても蹴られても本人が理解できれば愛のムチになるし、理解できなければ暴行を受けた事になる。
けど、周りの空気や自分の立場や強い責任感から、友人はおろか両親にさえ相談できず、結果悲しい選択をしてしまったんだと思います。

親になって自分も、最終手段として愛のムチを振るいます。
いけない事はいけない。
泣こうがわめこうが、ダメなものはダメって事を伝えるのに、優しく諭す言葉も厳しい口調も耳に入らない程、感情を露わに泣き続ける我が子にお尻や頬を叩きます。そして泣き止み、私の言葉が芯に伝わるまで話をした後に、思い切り抱きしめます。そしてその話はおしまい。
けど、それが子供に本当にちゃんと伝わったのか?アザにならないかな?ご近所から虐待を疑われないか?様々な不安に悩みます。
けど、うちの息子達は二度と同じ事で泣き叫ぶ事はしないし、そこで初めて、ああ、伝わったんだな安心しています。

それが…
一生懸命打ち込む部活顧問からの体罰で、自殺してしまった息子の悲しい姿を発見してしまったら?

桜ノ宮高校のバスケ部の件の詳細や真相は分かりませんが、1人の生徒が自殺してしまった原因に、愛のムチだと信じていた事が、自分が受けたのは暴力だと気づいた時の喪失感だとすれば、こんなに悲しい事はありません。

親から訴えても改善されなかった学校の体制や、自殺後に学校からは"体罰はなかった"という報告の矛盾などをみると、やはりシステムを変える必要はあると思います。
どうしたところで、亡くなった彼は戻る事はないけど、同じ事が起こらないように最善を尽くして欲しいですね…

harrylove at 15:29│TrackBack(0)clip!気になるコレ 

トラックバックURL