September 2016

September 18, 2016

It follows


It follows 

うん、なるほど。
様々な「なんで?」が交差する感満載!
まさにこれが青春だ?的なホラー映画でした。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


“それ”はひとにうつすことができる
“それ”はゆっくりと歩いてくる
“それ”に捕まると必ず死ぬ
“それ”はずっとずっと、憑いてくる

他の誰かとセックスしなければ、殺されてしまう……!?全米でわずか4館から、瞬く間に1600館まで拡大公開されていった超・新感覚ホラー。

監督は処女作『アメリカン・スリープオーバー』(10)でアメリカ映画5年ぶりのカンヌ批評家週間出品を果たしたデビッド・ロバート・ミッチェル。長編2作目で早くも社会現象を巻き起こす。

http://it-follows.jp/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

“それ”はひとにうつすことができる
“それ”はゆっくりと歩いてくる
“それ”に捕まると必ず死ぬ
“それ”はずっとずっと、憑いてくる
しかも「お前も誰かとヤってうつせ」と?

訳分からないまま過ごしてると、案の定きた!
老婆だったり、背の高い男だったり、若い女だったり、全裸の男だったり!
私が一番怖かったのは自宅のキッチンにいた、オシッコ垂れ流して片方の乳を出した中年女!(>д<*)コワイ

何より恐ろしいのは、"それ"は主人公ジェイにしか見えない事。

心配して、力になろうとする妹や幼なじみと逃げたり、部屋で一緒に過ごしたり、入院したり、郊外に出掛けたり、とにかくみんなジェイと一緒に解決策を練ります。

ああ。青春だなあ。

ジェイはとにかく
「ママには言わないで。信じないから」と。
なぜ?ママはきっと一番心配してるよ?
デート行ったと思ったら警察沙汰になるわ、子供達が車であちこちに出掛けて傷だらけで帰ってくるわ…
ママ目線で娘達を見てしまう自分がちょっと寂しいw
といっても、ママの存在が薄過ぎて、そこはツッコむべきじゃなさそうだね…????/div>

さてとにかく、本作のテーマは「愛と生と死」だそうで、そういう事に意識しだした若い世代に多い、
生=セックス と愛を間違えると死に至る( こともあるよ?) 気を付けて大人になれよ!みたいな風に捉える事もできるかな?みたいに感じました。

[以下ネタバレ注意]
私的にはプールのシーンで、"それ"に大きな布を被せる事で、他人にも"それ"が見えたのなら、常に布で押さえ込んでグルグル巻きにして縛りつけておけばいいんじゃね?って思ったけどなあ… あと、避妊するしないでも結果違うんじゃね?って。

え?ネタバレじゃない?
こんな感想わけわかん!ってちゃんと作品見たくなったら本望でございます(´>∀<`)ゝ




harrylove at 16:23|PermalinkTrackBack(0)clip!MOVIE | 映画・あ〜お