December 2007

December 31, 2007

A HAPPY NEW YEAR !!!5

年賀
新年、明けましておめでとうございます。

2008年がスタートしました。


思えば昨年末は、生活の変化があってなかなか更新&訪問もできないまま・・・・

皆様にはご心配おかけしてしまいました<(_ _)>

本年はさらに・・・!

なんやかんやバタバタしそうな予感・・・・(-_-#)


今年もマイペースに臨みたいと思っています。





つまんね!( ゚д゚)、ペッ 



だなんて思わないで、ココロ穏やかに、温かく見守っていてくださいませ♪



昨年に引き続き、本年もどうぞよろしくお願いいたします\(*´▽`*)/ 






December 22, 2007

I AM LEGEND5

ムービーマークなんばOIOIのTOHOシネマにて鑑賞。

アイアムレジェンド

IamLegendオフィシャルHPでは、世界の主要都市(ロンドン、東京など)で同じ状況を想定して作られた画像が見られておもしろいです。


私がもし、地球上で最後の人類だったら・・・・・?
・・・・・・・・・・┐(´∀`)┌アハッ まずは、あり得ない。
映画の設定で、主人公ロバートネヴィル(ウイル・スミス)は3年は孤独の中でサヴァイヴしてきたわけだけど、私はきっと・・いや絶対無理だろうな・・・
人ごみの中などで孤独感を味わうのは嫌いじゃないけど、こういう完全な一人という状況のまま3年も生き延びれる自信はないなあ・・・・・。

≪STORY≫
2012年、人類の姿が消え、死んだように静まり返ったニューヨークの街。
3年前、地球全土を覆いつくした災厄をくぐり抜け、この街で一人生き残った男。
科学者のロバート・ネビル(ウイル・スミス)は愛犬サムとともに、誰もいない店で”買い物”をし、DVDを”借り”セントラルパークに畑を作って、かつては摩天楼だったN・Yでマスタングで狩りをする。店員代わりに並べたマネキン、空母の戦闘機の翼からゴルフのショット。何をするのも一人、どこへ行っても一人。
いつ終わるとも知れない究極の孤独の中で、人類滅亡の原因を遡り、再生の為の研究を続けることだけが、有能な科学者だった彼のたった一つの生きる支えだ。
自分以外の生存者を捜し求めて、3年間、無線で流し続けているメッセージには、いまだ誰からも返事はない。
その一方で、日が沈み、太陽の光が消えると一斉に蠢きだす不気味な影・・・・

果てしない孤独と迫り来る恐怖。夜ごと暗闇からのダークシーカーズの脅威と闘いながら、途切れそうになる希望を手繰り続ける日々。やがてネビルは、ある驚くべき事実に気付く・・・・・・・・

   ――――――――――――――――――――――――――――――――――   

まず私が感じたこと。「これはウンチクいらん。おもろい!」

色んなレビューを見たり、感想を聞いてると、これはゾンビ映画だとか、詰めが甘いとか、辛口な意見も多かったんですが、私は声を大にしていいたい!

     それが一体なんやねん?????

とても静かに、物語が始まっていく。
全世界が消えた根源となるニュース映像から3年後のニューヨークのマンハッタンの映像。これが凄い!

テレビやなんかでよく見る、有名な景色がそのまんま朽ち果てて、ある日突然人々が姿を消してしまった様子がこれでもか!と出てくる。街から逃げようとしたのであろう、車が雑然と並び、所々ビルごとビニールで覆われた上空映像の範囲の広さ。アスファルトからは雑草。都会の真ん中をサバンナのように走りゆく草食動物の群れ、それを射止めるライオンの親子。

これまでにも、カメラ技術、CGの進歩、撮影時の人よけなどで、完全に人間を消し無人の地と化した大都会を視覚化した作品はあったけど、こんなに広範囲でロングショットの多さ、時間の長さで見せてくれた作品があっただろうか?

ここで見せる映像の素晴らしさが、最大の見所であり、主人公の孤独感、恐怖感を引き立ててるんだと思う。
何よりやっぱ、人類の救世主としてウイルスミスはピッタリ!
これまでも、「インデペンデンスデイ」や「メンインブラック1・2」やなんかで人類の危機に立ち向かってきたウイル。
彼は、格別なハンサムではないし、どちらかといえばコミカルなイメージだけど、アクションもシリアスもしっかり見せてくれる演技派!彼がロバートネビルを演じたからこそ、この作品が単なるSFアクションホラーではなく、ヒューマニズムなドラマ性を感じられたように思う。


・・・・うーん。ここからはプチネタバレでいきますね(b´∀`)ネッ!
続きを読む

harrylove at 23:00|PermalinkTrackBack(5)clip!MOVIE | 映画・あ〜お

December 10, 2007

女もつらいのよ3

71c826ca.jpgはいはい。女子のみなさ〜ん。

…あ、女子といっても、自炊または、家族の食器洗いなどとは無縁な生活をされてる方は省きますがね。


よくわからん画像ですが、この状況、ご理解頂けるでしょうか?


夕飯を終えてすぐにお風呂の支度。
給湯システムの関係で、お風呂場と台所、お湯を同時に使えない為に、食器洗いは家族が寝静まった頃…
今夜はお風呂上がりにネイルを楽しんでしまい、そろそろ寝る時間…って時に洗いものを思い出し、かといってネイルの乾燥も完璧じゃない…
しかし明日のお弁当のご飯は炊いとかなければならないし、夜の洗いものを朝まで残すのも嫌だし…

………(;>_<;)う〜ん………


…と、考えてるとこなんですよね…





だいたい、夕方からの家事の仕事量は多いし、その後の自分したい事も多いし…大変なんよね…

え…?マニキュアくらい時間あるときに塗りゃいーやんか?って?

違うんよね〜(;´・`)

お風呂上がりに、ゆっくりテレビでも見ながら、何度も重ねて塗るのが女のロマンてもんなんよね〜

(人´∀`).☆.。.:*・゜



え…?結局どうしたって?

きっちり洗って、片付けて、お米もとぎましたよ。

これは女のサガって感じ?


…ま、これで明日の朝も頑張れるし、ネイルは無事だったから、よかったよかった。

(^O^)bなはっ♪


harrylove at 01:26|PermalinkTrackBack(0)clip!毎日♪色々♪ 

December 03, 2007

ご無沙汰しております<(_ _)>

2b0afe43.jpgだいぶご無沙汰しております。みなさまはお変わりなく元気にお過ごしでしょうか?

私の方は、新しい職場環境にも少しずつ慣れていきながらも、まだまだフレッシュ緊張ムード。

仕事は、産婦人科の出産祝いに贈る、写真とか産声をCD-Rにまとめたり、キーホルダ、Tシャツを製作、発送まで全てするんです。
こういうパソコン処理から、内職みたいな事って今までは、いつ来るかわからないお客様がいない合間にササッとやらなきゃいけなかったんだけど、今は集中してできるからいいんですよね♪

家に帰ってからも相変わらずバタバタで、王子が寝た後に片付けを済ませてから、ゆっくりお風呂に入ったらもう後は湯冷めしないうちに早く寝るだけ…
ってかとにかく眠いんです。妊婦なせいかもしれないんだけど、ずっとぼーっとした感じで、用がない時はとにかく頭がからっぽ。気持ち穏やか、体調は順調といった感じです。

とはいえ…
みなさんの事も気になってるし、頂いたコメントの返事もしたいし、書きたい事もちょこちょこあるんですがね…
更新に訪問…パソコンを立ち上げる余裕がない状態…
だいたい夏に生まれた私は寒いと行動力が鈍るんですよね(言い訳ですがね(~ヘ~;))

やっとゆっくりオフ日になっても昼寝三昧で、ようやくUP出来たのは映画レビュー(しかもグロ満載のSAW4)

まぁぼちぼち、ペース掴んでいきますので、みなさまどうぞ、呆れて愛想尽かさず、気長にお付き合いいただけましたら、HARRYはマンモスうれピー♪です(´∀`)
(相変わらず死語ですが)


harrylove at 17:03|PermalinkTrackBack(0)clip!

December 02, 2007

SAW45

ムービーマーク2007、11.27 TOHOナビオにてOTTOと鑑賞

「何の感動もない。残るのは恐怖と痛みと怖い残像だけ・・・んなもんなんで金払って観にいくねん。」
そう言ってた人もホラーファン。しっかり劇場鑑賞していたらしい。
しかも私は妊婦で母体で胎教にいいわけもなく、それでもこのシリーズだけは見逃すことができなかったの♪…(*ノ∀ノ)イヤン



SAWトビラ
目覚めたら自宅アパートのバスルーム

居間には、少女売春を斡旋していた女性

モーテルには、3度無罪になった連続レイプ犯

小学校には幼児を虐待していた夫婦

食肉工場には、二人の同僚刑事

『ハロー、リッグ、ようこそ再生の旅へ』

いったい、俺は何を試されているのか?


SAW4 オフィシャルサイトHP



はい。まだまだ続きます。SAWシリーズの最新作です。

≪ストーリー≫

ある病院の解剖室。ジグソウの遺体の胃の中から異様なものが発見される。蝋で固められたカセットテープだった。ホフマン刑事が呼ばれ、再生される。
「キミは刑事かね?これを聞いてるということは君が最後に残った人物ということだろう。私の死で全てが終わったと思っているかもしれない。だが、それは間違ってる。私の仕事は続く。ゲームは始まったばかりだ」

仲間の刑事を次々と殺されたリッグは、ジグソウ逮捕に執念を燃やしていた。
疲れた身体を自宅のベッドに横たえた時、玄関に物音を聞く。銃を構え、玄関に向かう彼に何者かが襲い掛かり視界は闇に包まれた。
目覚めると彼は自宅のバスルームに横たわっていた。ドアを蹴破ると、装置が作動しテレビモニターに奇妙な人形が映し出された。
「ハロー、リッグ。再生の道にようこそ。数年間、君は仲間の死を目撃し続けてきた。君は生き残った。だが、君は執念に取り付かれて正しい選択ができなくなった。
君は救えないものを救おうとして、無駄な努力をしている。今夜その執念と向き合う機会を与えよう」こうしてリッグへのゲームが始まるのだった・・・・・




冒頭から、やってくれましたよ・・・・
遺体となったジグソウを検死するシーンから始まりますが、もうダイレクトすぎて目隠ししても音響がナマナマしくてかなり心拍数上がりました。
逆に考えると、案外実際の医療現場では普通に行われていて、研修医やドクター専門映像ではこういった感じなのかなあ?やはり出てくる血の色はどす黒いし、死んで機能が止まった身体はどんどん腐っていくものなんだろうなあ・・なんてのん気な考えもありつつ、進んでいきました。


SAW4ブレンダ早速一番気になってたこのトラップ。

自分の家で、何者かが侵入してきたところ捕まって、目覚めたらバスルーム。
部屋の外に出ると、様々な写真にジグソウのものと思われるメッセージ。

SEE WHAT I SEE (私の見方で見ろ)』

FEEL WHAT I FEEL (私の感じ方で感じろ)』

自分の執念を捨てて、そうすることが、自分のジグソウのゲームによって失った仲間の無念を晴らし、行方不明になった仲間を救えるというメッセージ。

そして居間にはこんな仕掛けにかかった女性がいるんですよ・・・

髪が機械にどんどん巻き込まれて・・・

あああ・・・これって絶対痛いよ・・・


SAW4目を縫われてる男

別の場所では、こうして目を縫われた男。縫うって・・・(-_-#)
彼が目覚めると首につながれた鎖の先に何やら機械が・・訳も分からず、男が鎖を引き寄せると、誰かがいる?でも彼には誰か見えない。

反対側には口を縫われた男が?これはまた怖い!

目を縫われた男は状況が分からず叫びまくりパニック状態。
反対側の口を縫われた男は、恐ろしい機械や暴れる男を見ながらなんとか助かる術を探そうとする・・・


SAW4ジェフ、ホフマン

そして・・・・辿り着いた先には・・・・・


今回は、シリーズ4作目にしてまだまだ中盤といった感じで、ラストのどんでん返しは未だに私には納得がいかないんですよね・・・・
やはり、『24』と同様、ワンシーズンまとめてイッキミするくらいでないと納得できないのかもしれません。特に本作に関しては、他のSAWシリーズファン同様、全作品、特に3を観てからの方が楽しめたはず。

だって、ジグソウが死んで検死解剖するところから話は始まるのに、あんなところにいっちゃうなんて・・・・・・・

ジグソウ役の俳優TOBIN BELLのインタビューでは

 「ソウ」シリーズが成功した理由は、残酷でパワフルだけど繊細さと知性があるか らだと思う。それに謎も多い。「ソウ3」でアマンダが見た手紙も気になるだろ?
 でも私は知ってる。書いたのは私だからね(笑)でもまだ教えられない。
 この映画はジグソウパズルなんだ。少しずつ組み立てられていく。パズルのずっと 下の方に「ソウ」や「ソウ2」があって、間ん中あたりに「ソウ3」や「ソウ4」 がある。その上もまだ空いてるし、途中でピースが抜けてるところも沢山ある。

  

まさにその通りって感想ですね。
つじつまを合わせて納得したい欲求の前に、思いもよらない展開や大半の痛いシーン、どうやったらこんな恐ろしい装置を思いつくのか、それだけでもお腹いっぱいな感じです。なにより、末期がんで老人のジグソウに協力者がいたとしても、SWAT隊員のリッグを押さえ込んで眠らせてる間に、部屋の至る所にペンキで文字を書き込んだり、写真を貼り付けたり、恐ろしい装置に固定された女性ごと運び込んで、ドアを開けるとビデオが再生される仕掛けを作って、部屋の引き出しの中をカラッポにしてメッセージカードを入れる・・・これだけの仕掛けを一人でこなすだけでも重労働です。                 
こんな多くの「?」がありながらも、本作では、ジグソウの元妻の証言や回想シーンも多く、ジグソウのファーストゲームも出てきたし、やはりみどころは満載でした。


エンディング曲に今回はXーJAPANが起用されて、初めて彼らの音楽をちゃんと聴いたけど、なるほど納得。やっぱ凄いね。ちゃんと考えて作りこまれていて、やはり凄いグループだったんだと思いました。もちろん、本作ともバッチリ合ってました。

・・・・・・・・ああ・・でもやっぱ、何かにつけて、あの薄暗く冷たい映像が脳裏を過ぎって、パンフの隅々まで目を通しても物足りず、TSUTAYA半額の今、前3作品をもう一度見直してから劇場に足を運びたい心境・・・・・・

すっかりハマッてますねワタシ。妊婦ですがなにか?(*´∀`)

                          SAW4 オフィシャルサイトHP


                 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ




SAW ソウ DTSエディション老朽化したバスルームで目覚めた二人の男。ゴードンとアダム。それぞれ足首に太い鎖がはめられている。二人の間には自殺死体。まったく見当が付かない「状況」に散乱するテープレコーダー。『再生せよ』と書かれたテープ。一発の銃弾。タバコ2本。着信専用携帯電話。そして2本のノコギリ。耳障りな秒針の音と共に告げられたのは「6時までに相手を殺すか、二人とも死ぬか」だった。ここは真っ白な地獄なのか?


ソウ2 DTSエディション目覚めたら出口のない館に閉じ込められた8人の男女。ジグソウの新しいゲームが始まる。ゲーム開始と共に遅効性の毒ガスが館内を廻っていく。2時間以内にゲームを勝ち抜き、解毒剤入りの注射器を手に入れないと死んでしまう・・・・一方エリック刑事は拍子抜けするほど簡単にジグシウを捕まえる。アジトに設置されたテレビモニターにはゲームに翻弄される8人が映し出されていた。そしてその中には、エリックの息子ダニエルも含まれていた!


ソウ3 DTSエディション息子を交通事故で亡くしたジェフは目覚めると食肉工場の地下室にいた。扉を開けると、そこには鎖につながれた3人の男女。最愛の息子を飲酒運転でひき殺した男、犯人に軽い罰しか与えなかった判事、そして事故を目撃しながら証言しなかった女・・・ジェフは、息子を殺した人間達を処刑するのか?一方、女医のリンは誘拐され、連れて行かれた地下室で死の瀬戸際にいるジグソウと出会う。彼の延命手術を成功させなければ、彼女にも死が待っている。こうして新たなるゲームが始まった!


harrylove at 11:19|PermalinkTrackBack(2)clip!映画・さ行 | MOVIE